So-net無料ブログ作成
サッカー ブログトップ
前の1件 | -

大久保嘉人 ザックジャパン入りの理由 [サッカー]

2014年5月12日、2014FIFAワールドカップ ブラジル大会に向けた、

日本代表メンバー、ザックジャパン23名が発表された。



概ね、これまで試合で使い続けたメンバーが名を連ねる中、

この2年間、日本代表に1度も招集されず、

ザック体制では、わずか1試合しか出場経験のない、

大久保嘉人が、いわゆる"サプライズ"で、選出された。




ザックはなぜ大久保嘉人をチョイスしたのか?

これまで、全くと言っていいほど大久保を選んでこなかったザックが、
(ザック体制になってからは、2012年に1度招集、1試合出場のみ)

なぜ大久保嘉人をチョイスしたのか?



逆を言えば、なぜザックは、これまで大久保嘉人を招集してこなかったのか??



メンバー発表をした直後のザックのコメントはこうだ。

『これまでのJやワールドカップでの活躍からも、彼の能力は十分にわかっている。
日本の将来も含め、彼以外の選手を成長させることが大切だと考えていた』



つまりザックは、世代交代を見据え、大久保に頼らないチーム作りを直前まで遂行してきたが、

結局、本大会で大久保嘉人以上に期待のできるメンバーを見出すことが出来なかった。



と解釈できる。



というより、大久保と同じポジションには、候補に選ばれながらも落選した、

柏レイソルの工藤壮人や浦和レッズの原口元気、セレッソ大阪の南野拓実、

さらにはドイツ・フランクフルトで活躍する乾貴士など、

能力が高く、本大会でも一定の活躍が出来るであろうメンバーは、幾人も思い浮かぶ。



会見でザックも

『同じ能力と考えられる場合は、若手をチョイスした』と発言している。



19歳の南野など、即戦力かつ有望な人材がいる中、

それでも、ザックのチョイスが"大久保嘉人"だったということは、

大久保嘉人が、前出した選手たちを凌駕するだけの素晴らしい活躍を

結果という形で残してきた、ということに他ならない。


スポンサーリンク




組織力を重んじるザックジャパン。連携部分での不安は?

昨季のJ得点王、更には今季もJリーグの特典ランキングトップを

浸走る人間の実力を疑うものはいないだろう。



それでも、大久保嘉人には、2年以上の代表ブランクがある。



前回の南アフリカ大会で一緒だったメンバーも、レギュラーで考えれば、

GK川島、DF長友、MF長谷部、遠藤、本田

ぐらいなものだ。



組織力を重んじるザックジャパンでの連携は大丈夫なのだろうか?



ザックはこの点に対して

『大久保であればブランクがあっても、これからの合宿や親善試合を重ねられるので、
連携面での不安は特にない。大久保は高いクオリティ、経験値がある。
また、相手に読まれにくい意外性あるプレーもある。
そういった、能力、経験、クオリティ、更にはこれまでの代表にはない意外性あるプレーを、
このチームで出して欲しい』



大久保の戦術理解、能力があれば、

連携面は、これからの期間で十分に埋めることができる範疇。



また、攻撃面で手詰まりになった時に、大久保のこれまでの代表チームにはない、

持ち味を出すことで、チームを更に活性化させてくれるだろうというのが

大久保嘉人に対する、指揮官の評価だ。



大久保が選ばれたということは、当然ながら

これまでこの席に手をかけていたものがはじき出された、というのもまた事実だ。



実際、同じチームメイトでも、予選で貢献してきた

中村憲剛は涙を飲む結果となった。



1年前に、亡くなった父、克博さんと誓った、代表返り咲きの約束。



その重責を果たした今、今度は日本国民の願いをぜひ叶えてほしい。



これまでの鬱憤を晴らす大活躍を期待しています!



関連記事

  L 大久保嘉人×ベッカムの過去
  L 【自伝】大久保嘉人、亡き父とのサッカー人生を自伝に綴る
  L 大久保嘉人「髪型」 柿谷にダサいと言われたその髪型とは?


大久保嘉人 応援ページ 他にもこんな記事があります

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の1件 | - サッカー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。