So-net無料ブログ作成
検索選択

大久保嘉人×日本代表の条件 [サッカー]

~2014 FIFAワールドカップ
ブラジル大会。大久保嘉人が
日本代表に選ばれるための条件とは?~



FIFAワールドカップ 2014ブラジル大会に臨む、
日本代表のメンバー23人が決まるまであと1ヶ月弱。

ザッケローニ監督は現在渡欧中、
欧州クラブに所属するメンバーの状態を確認している。

先日7日から9日にかけて、
代表出場経験がない国内組メンバー
11人を含む、23人の状態をチェックした。


まだ、メンバーを悩んでいる。。

最近のザッケローニの動向を
見ていると、そのように感じる。

代表に定着している、
長谷部や内田の怪我の状態次第では、
バックメンバーの準備が、欠かせない面もあるが、

ジョーカー枠、チームの精神的支柱など
まだまだ、決めきれていない部分が多い
というのが本音だろう。


実際ザッケローニも
「問題は人材不足でなく、人材が豊富なこと。」
「できる限り、発表直前のギリギリまで悩みたい」
などと、心境を話しており、

サプライズ選出」の可能性も
十分あり得ることを漂わせている。



ここで本題に戻る。



『大久保嘉人は日本代表になれるのか?』



個人の見解だが、これは大いにあり得ると思う。

理由としては、下記が挙げられる。



【1】大久保嘉人というアイデンティティ

まず始めに、大久保は好調を維持している。


昨年J得点王に輝き、
今季も得点ランクトップに位置している。

これは、本人も語るように
コンディションを維持していること、
そして、高いパフォーマンスを
ここしばらく発揮し続けてられている。

という要因が大きい。


さらに大久保は、
主力として、前回大会を経験している。

短期決戦であるワールドカップでは
能力をしっかりと発揮できることが
何よりも大切だ。

経験、コンディション、パフォーマンス。


どれを取っても、今の大久保は及第点を
与えることができる。



【2】ザッケローニの求める選手像


日本代表のスタッフによると、

ザッケローニ監督が、
求める最後のピースは
左サイドの切り札』であると言う。


現在、ザックジャパンで、ダントツの
最多得点を挙げているのは「岡崎慎司」。

右サイドを担っている岡崎は、
相手DFライン裏のスペースを常に狙い、
得点感覚に優れるストライカーだ。

ザッケローニは岡崎を重用しており、
岡崎と逆の左サイドにも、
同様の選手を配置できる
メンバーを探している。


これはチームスタッフ全体でも、
同じ気持ちだという。


これまでこのポジションは、

齋藤学 (横浜Fマリノス)
乾貴士 (フランクフルト)
宮市亮 (アーセナル)

などを試してきたが、
いずれも、突出した評価を勝ち取ることができず、
横一線の状態だ。


前回のワールドカップで同じポジションを
担ってきた大久保にとって、
このポジションは適任と言える。


今のザックジャパンでは、
このポジションの1番手は「香川真司」である。


香川は日本代表にとって
絶対的な存在となっているが、
ストライカーというよりは、
パスやドリブルでチャンスを演出し、
ゲームを作る中で、自らもシュートを仕掛けられる、
いわゆる「10番」のタイプだ。


試合終盤、より攻撃的にシフトしたい場面では、
このポジションにストライカーを入れ、
両翼がゴール前に入っていき
得点の期待をより広げたいというのが
ザッケローニの思惑だろう。


このポジション、前回の
南アフリカワールドカップでは、
他ならぬ大久保が担い、
チームのグループステージ突破に
大きく貢献したポジションだ。


これまで試してきたメンバー以上の
力を発揮するだけの実力はある。


果たして、ザッケローニは
どのような決断をするのか。


『大久保嘉人』他にもこんな記事があります

スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。